パピヨン専門ブリーダー│子犬をしつけるための7か条

 
ホームページ ブリーダー子犬情報 パピヨン犬舎紹介です! 暮らし情報 里親様からのおたより お問い合わせ ブリーダーの通信販売規約
 
   サイトマップ
パピヨン犬舎ブリーダーTOP>子犬をしつける7か条
 
 
子犬をはじめてしつける場合に以下の7か条を
こころにとめてしつけをしてみてください。

しつけの基本は怒るのではなく叱るということ、
罰を与えたり叱ったりするより
ほめて教えてあげたほうが早く覚えます。

第一条

 子犬をしつけるときは怒鳴り声や
大きな声をだす必要はありません。

おびえるだけになってしまいます。
いけないという毅然とした態度で
感じ取ってくれます。


第二条

子犬を注意するときは「いけない」と

一言いえば十分
です。何度もくりかえし
たりいろいろな言葉を使わない
で統一したほうがより効果的です。

第三条

悪い好意をした際に叱るタイミングは
悪い行動の最中かその直後5秒以内に行います。

現行犯でなければ怒られている
理由が理解できません。

第四条

犬を叱るときに名前を呼んで叱らないことです。

自分の名前を呼ばれることが嫌いになります。

第五条

犬をそばに呼んでしからないこと。

そばに近寄らなくなります。

第六条

犬に対するしつけは
一貫したものであることが大切です。

犬は「いつも」や「絶対」は理解
できても
「ときどき」は理解できません

第七条

犬に対する
愛情を常にわすれないことが大事です。

しつけの合間に愛情をいっぱいそそいで
あげるようにします。

とても賢い犬種なので比較的容易にしつけできるでしょう。

新米飼い主様によく見られますがしつけすると
すぐに効果が表れないと挫折してしまう
方が多く見受けられます。

しつけをしてもすぐに効果がでないことは
ほとんどです。できないという子犬は一頭もいないと
言われてます。

飼い主様があきらめない限りかならずうまくいきます。
子犬も日々成長していますし、知性も徐々にあがって
いきます。飼い主様の期待に応えたいと思うように
きっとなります。

あきらめずにがんばってみてください。

子犬はまだ小さいのですぐに覚えないことのほうが
多いのです。継続して教えていくことが大切です。

また覚えないのではなく従う気がないという場合も
成犬になると考えられます。
しつけの前に基本的な主従関係、リーダーシップ
は飼い主様として教えていかなければなりませんね。

要はあまやかさないということですね。

このページを最後までお読みくださっている
飼い主様は頑張り屋さんだと思います。

挫折しそうな飼い主様は是非天使のパピヨン
までご連絡くださいませ。

励まして差し上げます。

子犬をしつける7か条

「子犬をしつける際に7か条を
覚えておいてください。」

パピヨンと出会う 飼う前の準備 子犬のお迎え パピヨン耳たて 冬の寒さ対策
子犬のフード はじめての夜 シャンプー 子犬のしつけ方 犬の叱り方
しつけの7か条 寄生虫について 甘噛みについて 子犬の注意 混合ワクチン
食べないとき ふやかしたフード 子犬の低血糖 原虫類について 歯磨きについて
食べてはいけない ブラシ選び ブラッシング 爪きりの仕方 狂犬病の注射
子犬の社会化 夏の暑さ対策 トイレのしつけ 耳掃除について お留守番
2014 copyrigtht all rights reserved by 天使のパピヨン犬舎(ブリーダー子犬情報)
     子犬情報お問合せ用語集     
 暮らし情報│病気の知識